バトルウィンドットコム:スポーツテーピング・メディカル情報の総合サイト

battlewin


スポーツメディカル特集

第三回:足のねんざ

監修:日本臨床整形外科学会(あなたの町のスポーツドクター

足のねんざは軽く考えがちですが、適切な処置をしないと症状は長引きます。ねんざの正しい知識を身につけて、ケガのリスクを低減しましょう!

スポーツ傷害で一番多いのが足首のねんざです。
足首のねんざは「足をくじいた」と表現されるように、骨折などと比べると大したことはないと軽く考えがちですが、実は靭帯のケガ、つまり靭帯損傷なのです。

とくに、土踏まずと呼ばれる足の裏のヘコミが少ない「扁平足」や、足首が内側(親指側)に傾いている「回内足」の人たちは、足首のねんざを起こしやすい傾向があります。
また、足首がかたい(アキレス腱が伸びにくい)人も、ねんざをしやすいといえます。

何度もねんざを繰り返すと靭帯が緩んでしまったり、いつまでも痛みや不安感が残ったりするため、ねんざを起こしたときは、すぐに適切な処置を迅速に行うことが大切です。
そこで今回は、ねんざに関する正しい知識をご紹介します。



ニチバン Copyright© 2007 Nichiban co., ltd. All rights reserved.