バトルウィンTM
テーピングショップ
まとめてお得

MY MENUマイメニューについて

マイメニュー【MY MENU】について---
巻き方の各ページにあります【MY MENUへ登録】ボタンを押すとサイトの一番上にある人物マークのマイメニューへ登録され、
いつでも自分に必要な巻き方へ直接移動することができます。
MY MENUへ登録済の巻き方を削除するには【MY MENUへ登録済】ボタンを押すとマイメニューから解除されます。

カンプ・ノウで FC バルセロナを応援しよう! バルサ!貼るさ バトルウィンTMキャンペーン 期間 2017年3月1日(水)〜2017年4月30日(日) 当日消印有効

PAGETOP

テーピングは知識を必要とする行為です。特にスポーツ分野においては
専門知識が必要となりますので、基礎知識と専門用語から理解しましょう。

日本のテーピングの誕生

アメフトがスポーツテーピングの始まり

スポーツの中でも激しいコンタクトの多いアメリカンフットボール。スポーツテーピングはこの競技から生まれました。1982年、ニチバンはアメリカで生まれたスポーツテーピングを日本で導入し発売。以来、ニチバンはバトルウィンTMブランドとして日本のスポーツ界をテーピングを通じて支え続けています。

基礎から身につけよう

テーピングの考え方

スポーツテーピングは、指や手首、足などの関節に巻いて傷害を受けやすい部位を補強、その動きを制限することでケガや障害を予防し、再発を防ぐ目的で行われます。ギプスのように関節をガチガチに固めるのではなく、プレーに支障を来さない範囲で、無理な力が加わっても、捻挫(ねんざ)を起こすような関節の動きを制限するものです。

一度ケガをすると、カラダを動かすことによってまたケガをするのではないかという不安が残ることがあります。そうなるとプレーに集中できないばかりか、本来持っている力も十分に発揮することはできません。でもテーピングをすると心理的な安心感が出てくるため、プレーに集中することができます。

しかし過度の期待は禁物です。テーピングをしたからといってケガが治るわけではなく、絶対にケガをしないというわけでもありません。テーピングをすることで、ケガをしないですむか、ケガをしても軽度ですむようにするためのものだということをお忘れなく。

スポーツテーピングの目的

予防する
スポーツの種類によって、ケガや障害の起こりやすい部位が異なります。テーピングはこうした部位を補強し、ケガや障害の発生を予防する効果があります。
再発を防ぐ
以前にケガや障害を起した部位は、再発しやすくなっています。テーピングはこうした部位を補強し、保護する効果があります。
応急処置
医療機関を受診するまでの応急処置としてテーピングを行う場合もあります。症状の悪化を最小限に抑えるための処置です。

スポーツテーピングの3つの効果

関節(可動部)
Effect:01可動範囲が制限できる
捻挫(ねんざ)、靱帯損傷、脱臼などは、その部位が正常な可動範囲を超えてしまった結果、起こるケガです。このようなケガを防止するには、テーピングによる可動範囲の制限が効果的です。
Effect:02ケガや障害を受けて弱くなった部位を補強できる
ケガや障害を受けて弱くなった関節や筋肉、靱帯、腱などにテーピングをすると、その部位を補強することができます。これはケガや障害の再発予防に効果的です。
Effect:03ケガや障害への恐怖感を軽減できる
過去にケガや障害を受けたプレーヤーは、ケガや障害に対する恐怖を抱くことがあります。受傷部位を補強、保護することで、安心感が生まれ、思い切りプレーできるようになります。

注意事項

  • ・テーピングは体を動かす時に効果を発揮しますので、体を動かす直前に貼り、体を動かした直後にははがしてください。
  • ・テーピングをはがす時は体毛の流れに沿ってゆっくりはがしてください。
  • ・使用中にかゆみや発赤などの症状があらわれた場合は使用を中止してください。

RICE(ライス)処置

RICE(ライス)とは、応急処置の基本であるRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、打撲や捻挫(ねんざ)など、スポーツでよく起こるケガの多くに対応できる応急処置です。
処置が早ければ早いほどケガの回復は早くなるので、このRICE(ライス)処置はとても有効な応急処置法といえます。
RICE(ライス)処置を正しく理解して、いざというときに実践できるようにしておきましょう。

Rest 安静 Ice 冷却 Compression 圧迫 Elevation 挙上

RICE(ライス)処置は、内出血や腫れ、痛みを抑えるのに効果的。打った、ぶつけた、ひねった、引っ張られた、といったスポーツで起こりやすいケガの多くに対応できます。RICE(ライス)処置をすると、痛みや腫れがひどくなるのを防ぐばかりでなく、治りも早くなります。ただし、RICE(ライス)処置はあくまで「応急処置」であり、「治療」ではありません。RICE(ライス)処置のあとは、必ず整形外科かスポーツ医を受診しましょう。

RICE(ライス)処置のやり方

Rest:安静

痛まない姿勢で患部を休ませる

ケガをしたところを動かさず、安静に保つケガをしたとき、無理にカラダを動かしたり、足首や膝だと体重をかけるようなことをすると、痛みが増したり、ケガが悪化することがあります。ケガをしたら、まず患部を動かさないように、体重がかからないようにすることが大切です。
手近にテープや厚紙、板きれなどがあれば積極的に固定することも良いでしょう。 また上肢では三角巾の代わりにタオルなどで固定しても良いでしょう。

Ice:冷却

なるべく患部に直接氷をあてずに、アンダーラップを巻いたり、アイスパックをタオルで巻いてからあてるようにする

患部を氷で冷やして痛みを緩和、血管を収縮させて内出血や炎症を抑える次にアイシングで患部を冷却します。患部やその回りを氷で冷やすと、痛みが軽くなり、内出血や炎症を抑えることができるからです。最も一般的なのは、ビニール袋の中に氷を入れて患部にあてるという方法です。
患部に氷をあてていると、ピリピリとした痛みが出てきて、やがて無感覚になります(約15~20分)。そうなったら、いったん患部から氷をはずし、再び痛みが出てきたら氷をあててください。これを24~48時間ほど続けます。

冷やし過ぎると凍傷になる恐れがあるので、氷を直接あてずに、患部をアンダーラップで巻いたり、アイスパックにタオルを巻いてからあてるようにしましょう。ゲル状のアイスパックや冷却スプレーなどを使うと便利ですが、ものによっては冷えすぎることがあるので注意が必要です。

Compression:圧迫

患部にパッドなどをあてて弾性包帯やテープで強く巻く。ときどき指先などをつまんで感覚や皮膚・爪の色をチェックする

圧迫により患部の出血をコントロールすることで、腫れを軽減させることができます。捻挫(ねんざ)や打撲などでは、腫れがひどくなると痛みが強くなったり、治癒まで時間が掛かったりします。また内出血を起こすことで、筋肉系のケガでは患部に「しこり」の様なものが残り、再発する可能性も高くなります。
圧迫を行うとこのような症状を最小限に抑えることが期待できるので、最近のスポーツシーンでは、アイシングよりも先に患部の圧迫が優先して行われることが多いです。
圧迫は、テーピングや弾性包帯などで適度に患部を圧迫しながら巻くとよいでしょう。パッドなどを圧迫したい部分の形に切って患部にあて、その上からテーピングや弾性包帯を巻く方法用いられています。これらはアイシングの前に行うことをおすすめします。

圧迫が強すぎると、血流を悪くしたり、神経を圧迫することがあるので、巻く強さを加減しましょう。患部の先が青くなったりシビレが出てきたら、いったん緩めて青みやシビレが取れてから再び圧迫します。圧迫している間は、つねに圧迫している部位から先の手、足の指の色や感覚をチェックしましょう。

Elevation:挙上

患部を心臓より高い位置に保ち、内出血を防ぐ

できるだけ患部を自分の心臓より高い所に持ち上げます。こうすることで内出血を防ぎ、痛みを緩和することができます。
イスや台、クッションや枕など、手頃な高さのものを探して、患部をのせておくといいでしょう。

RICE(ライス)処置で対応できるケガ

RICE(ライス)処置は、内出血や腫れ、痛みを抑えるのに効果があります。打った、ぶつけた、ひねった、引っ張られた……こうした原因で起こるケガは、すべてRICE(ライス)の対象となります。

捻挫(ねんざ)

足首や膝などに起こりやすく、軽く見られがちですが、ひどいときには靱帯が切れている場合もあるので注意が必要です。特に足首の捻挫(ねんざ)は放っておくとクセになりやすいため、最初の捻挫(ねんざ)処置が大切だといわれています。捻挫(ねんざ)をしたら、まずRICE(ライス)。その場だけでなく、ケガをした直後から就寝まで、時によっては一晩中やり続けることも必要です。そして必ず整形外科を受診しましょう。

打撲

足首や膝などに起こりやすく、軽く見られがちですが、ひどいときには靱帯が切れている場合もあるので注意が必要です。特に足首の捻挫(ねんざ)は放っておくとクセになりやすいため、最初の捻挫(ねんざ)処置が大切だといわれています。捻挫(ねんざ)をしたら、まずRICE(ライス)。その場だけでなく、ケガをした直後から就寝まで、時によっては一晩中やり続けることも必要です。そして必ず整形外科を受診しましょう。

肉ばなれ

筋肉が強い力で引っ張られて起こる肉ばなれは、受傷直後からRICE(ライス)を行う必要があります。1~2日間は安静と特に固定(圧迫)を続けてください。RICE(ライス)処置をした後は、必ず整形外科を受診するようにしましょう。

  • ・ふくらはぎの肉ばなれ
    RICE(ライス)後も安静を続け、痛みが取れるのを待ちましょう。ひどい場合は最低4週間のスポーツ活動の中止が必要です。
  • ・ふとももの後ろ側の軽い肉ばなれ
    RICE(ライス)の後、1~3日後から温湿布やストレッチングなどをはじめ、約1週間後からジョギングが可能となります。
  • ・ふとももの前面など(重症)
    1~4週間はスポーツをすることはできません。受診後にしっかり安静と固定を行わないと、筋肉が固くなり、膝の動きが悪くなることもあるので注意が必要です。

Q&A

テープの種類には、どんなものがあるの?
大きくわけて「非伸縮テープ」と「伸縮テープ」があります。非伸縮テープは、主に関節の可動域を制限するために用いられます。伸縮テープは、関節運動の大きい部位や柔軟性を必要とする部位に使用します。
テープを剥がすとき、痛いのでは?
剥がしやすくするためのリムーバースプレーもありますが、あらかじめ患部の毛を剃った方がいいでしょう。その方がテーピングの効果も高まります。また、テーピングの下地に巻くアンダーラップを使用すれば、肌がかぶれにくく、剥離時の不快な痛みを防ぐことができます。
スターアップは3 本でなければいけないの?
そんなことはありません。スターアップの場合、1 本のテープが耐える重さは約25 キロです。体格のいい人、体重のある人なら、本数を増して巻いた方が効果的です。
シワやたるみを出さないようにするには?
身体の線に沿わせて、無理なくテープの流れに素直に巻くとシワやたるみは出ません。また、テープの持ち方が間違っていると、巻きづらく、シワやたるみの原因となります。右手にロールを持って、人差し指を巻き芯に差し込み、左手でテープを引っ張ってロールを転がすように引き出しましょう。
スポーツ時以外にテーピングしてもいいの?
もちろんです。ケガによる関節の痛みや、慢性的な足腰の痛みなどの症状には、伸縮テープを使用して、痛みの発生を予防する事ができます。
スポーツテーピングを取り除くタイミングはいつ頃?
スポーツ終了後には取り除くようにおすすめしています。ただし、血行の障害や過度の圧迫が感じられる時は、躊躇なく取り外しましょう。